• ホーム
  • 会社案内
  • 事業内容
  • ニュースブログ
  • 採用情報
  • パートナー紹介
  • お問合わせ
ニュースブログ

社会保険と税金のちがいを子どもに聞かれたら・・・

私たちが働いて稼いだ所得から差し引かれる社会保険や税金。大人たちはそれらをきちんと負担していても、いざ子供からその違いを聞かれると意外と答えられないことが多いのではないだろうか。社会保険はその名の通り保険料として病気やケガ、老齢や死亡などの一定のリスクに備えてみんなでそれを分散して支える仕組みで負担と給付の関係があり、いざリスクが発生した場合は給付を求める権利がある。それに対して税金は国や地方の行政サービスを受けるために所得に応じて負担しているもので納税にともなってその個人が何らかの特別サービスを受ける権利を持つというものではない。 お金を集める国からみれば給付の権利性に縛られる社会保険制度より税金のほうがその使い道は広い。しかし景気や政策の影響を受ける税金で医療や年金を支えることは不安定になる。だからわが国の社会保障制度は負担と給付の関係がはっきりした社会保険制度を中心に発展してきた。だが超高齢社会の日本は収支バランスを大きく崩し、今や国の借金は昨年1200兆年を超え、国民一人当たり980万の借金を抱えているという。

ニュースブログのカテゴリー

ニュースブログバックナンバー

サイトからのお問い合わせ 税理士法人について
サイト内検索
Loading
書籍のご案内

相続問題撲滅ノート
相続問題撲滅ノート
~いざという時、焦らないための
知りたい事例&対策~

LAPの情報ハンドブックシリーズ
LAPの情報ハンドブックシリーズ

書籍ダウンロードページ

医療介護コーディネーター

Resource to Japan 株式会社アイビッドインターナショナル