• ホーム
  • 会社案内
  • 事業内容
  • ニュースブログ
  • 採用情報
  • パートナー紹介
  • お問合わせ
ニュースブログ

生計一と世帯

生計一というのは日常の生活の資を共にしていること、つまり同じ財布でつながっている関係だ。別居状態の親族でも仕送りで生活してればそれは生計が一と考える。このことは所得税の控除や相続税の特例が使えるかどうかの判断で税法の世界ではとても重要だ。これに対して世帯というのは「居住」という生活の単位といえるだろうか。ただ世帯が一緒だと高齢者の親と子供が同居している場合、現役の子供の所得にたとえば年金暮らしの親の介護保険料が影響を受けて高くついてしまう。以前からある連帯責任的な悪しき発想?自分の稼ぎが原因で親に負担が重くなるという何とも不本意なこと。結果、親と子の世帯分離は誰しも考える。

ニュースブログのカテゴリー

ニュースブログバックナンバー

サイトからのお問い合わせ 税理士法人について
サイト内検索
Loading
書籍のご案内

相続問題撲滅ノート
相続問題撲滅ノート
~いざという時、焦らないための
知りたい事例&対策~

LAPの情報ハンドブックシリーズ
LAPの情報ハンドブックシリーズ

書籍ダウンロードページ

医療介護コーディネーター

Resource to Japan 株式会社アイビッドインターナショナル